5月18日(日)「かまくら親子ハイキング」が実施されました。

2014年5月21日

5月18日(日)

おおもり子育て応援隊が主催する「かまくら親子ハイキング」が実施されました。

参加者は50名+2名

※車椅子のお子さんが「どうしても行きたい」とのことでパパとその子が北鎌倉駅まで参加しました。

2

 

天気、気温などにも恵まれ、また経験者によるとこの日の一般のハイキングや観光客の数がものすごく少なかったそうで、混雑にももきこまれず、2歳の子どもたち数人も含め最後までどの子も「抱っこ」なしで、ハイキングコースを歩きとおしました。
ケガをした方もいませんでした。

「同じような子が頑張っている」との思いがそれぞれの子ども中に生まれ、普段なら「抱っこで動かなる子どもたち」が最後まで頑張ることができたことは、1家族だけのハイキングではなく、集団でのハイキングの力かもしれません。

全員が目立つ「オレンジ色のTシャツ」を着て、小さな子どもたちが大勢参加している集団に他のハイキング者がだいぶ興味を持って見ていました。よく見ると、私たちのような小さな子どもたちたちを連れている人たちはいませんでした。

高齢の参加者は67歳の私と77歳の佐藤代表(大森沢田西町会女性部長)、篠原さんの3人で、篠原さんはこの手のベテランですが、前述の2人は何十年ぶりのハイキングでしたが、どうにか踏破できました。

3

10名のボランティアさんも、みなさん本当に奮闘してくれました。

特に石井パパ・ママの奮闘がハイキングの成功を支えてくれました。ありがとうございます。

若手の堀井さん、増山さん(西六郷小特別支援教室教員)も子どもたちといっぱい遊んでくれました。
このお二人は8月の夏休み学習教室のお手伝いにも参加してくれます。

「くれよんくらぶ」の宮崎さんの奮闘も大いに目立ちました。

ハイキングを大成功に導いてくれたみなさん、本当にご苦労様でした。

 

1

20140519_095205